ご挨拶


理事長 小川卓也
理事長 小川卓也

21世紀に入り、経済活動のスピードと変化は、際立って顕著となりつつも冷静かつダイナミックな経営者の意思決定が求められております。また多くの企業活動は、グローバルな経済動向や市場動向の動きに敏感に反応する今日です。特に米国との関係は、日本の経済界にとっては常に注目し、良好に維持することが求められます。

当研究所は、日米に関係した、経済、経営、社会、科学技術、環境などの分野においての研究、政策、提言、講演、情報交換等を行う目的で設立されました。    

お客様の多様なニーズに応じた実践的な調査研究や的確な情報提供などの活動を通じて国際経済社会の活性化と、企業経営の健全な発展 をご支援いたします。さらに、国際的な視野に基づいたシンクタンクとしての活動と成果を提供して行きます。

当研究所は、日米の政財界、産業界との強い信頼に基づくパイプを活用しつつ、モノ作りに強い日本企業に、アイデアやコンテンツという付加価値を高めるお手伝いをしたいと考えております。

特に米国を含む海外企業との戦略的パートナーシップを築ける関係を提供してまいります。

みなさまがたのご支援をお願いいたします。 

日米経済戦略研究所
理事長 
小川卓也


理事長プロフィール

 

日米経済戦略研究所
理事長 小   也(経営学博士)
194410月 東京生まれ
元アメリカ大使館上席商務官

 

 

略  歴

1969年 米国カリフォルニア大学大学院(バークレー)留学
慶應義塾大学大学院 経営管理研究科修了

MBA経営学修士、Ph.D.経営学博士)
ハーバード大学ケネディー行政大学院危機管理課程修了 
米国最大手半導体企業の幹部を経験
日米政府半導体協議の業界代表
アメリカ合衆国大使館(米国商務省)上席商務官
日米の情報産業分野、ハイテク産業分野の貿易促進、日米通商問題、

政府調達問題、
日米政府産業界協議(主に半導体、コンピュータ、ソフトウエア-分野など)に
従事IT産業分野の政策立案、日米官民最先端技術協力、日米企業提携や産業協力支援
米国商務省、商務長官、モンデール大使(元副大統領)、フォーリー大使(元下院議長)より
日米通商政策及び貿易振興への貢献に対し表彰受ける

 

 

現  在

日米経済戦略研究所 所長

 

 

主な講演

経済、社会、教育、ビジネス、IT分野、事業戦略日米産業界などに関する講演

 

 

活動履歴

日本貿易振興会、日本電子機械工業会、日本電子機器輸入協会、日本情報産業振興協会、
日本情報処理開発センター、(社)日本防犯設備協会、外国系半導体商社協会、
米国半導体工業会客員、米国半導体装置協会客員、米国電子工業会客員、
米国商工会議所客員、(財)新産業創造研究機構、日米政府サイバーテロ対策委員会、
日本協会理事、米国法人野口英世記念財団専務理事、日本郷友連盟JNAP
(財)国際平和文化センター顧問、公共政策センター顧問、学校法人塩原育英会理事、
インテリジェンス・アカデミー会長、21世紀のあるべき姿研究会会長、
WWF
(世界自然保護基金)フェロー、慶應義塾経営管理学会会員、
東京三田倶楽部(慶應義塾同窓会)委員、検察審査会審査員

 

 

主な著書

「日本国憲法の知られざる真実」(産経新聞出版)
「戦略的提携」エルコ社 (国立大学の推薦図書)
「21世紀のあるべき姿」星雲社 (産経新聞社より書評、優秀書籍として受賞)
日米経営比較論、国際企業戦略、非関税障壁論(学術論文)
その他、情報技術分野の国際会議での発表多数

日米経済戦略研究所TOP

(C)2006 The U.S.-Japan Economic Strategy Institute All rights reserved.